05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

Take it easy ♪  ~とりあえず、行ってみよう。~

アラフォー 『アルキニスト』 の日々・・・。 

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

風吹岩まで・・・。 

Posted on 21:40:47

楽しい一日でした♪


5.5 風吹岩 447m




5.5 登る男・・・?


六甲山域は、今日も大盛況ww でした。

△page top

なのに・・・。 

Posted on 22:17:57

と、いうワケで


大山の眺望を求めて、  来てしまいました。。。  二週連続w 
昨日から突如、頚痛が勃発して首が回らないのに・・


岡山~鳥取県の県境に在る、三平山(みひらやま 1009.8m)に・・


っが、


登山口の在る林道川上2号は・・   通行止め。。。


行ける所まで行ってみるか・・ が、1km も進まない内に『通行不能』に・・


仕方なく、D2は路肩の空き地に残置し


登山口までエライ事になってる
(積雪は当然ながら、凍結・上からの崩落・落石・倒木・路面の崩落・・etc あとは、ご想像におまかせします。。。)


林道を、 5km ばかり歩いて登山口へ辿り着きました。

    4.15 頂上まで45分w

さて、気を取り直して(?) 出発っ!



にしても、この三平山・・  登山道は、遊歩道並みに整備されてて


    4.15 楽っ々~♪
 (あ、今回は中途半端な残雪期だったンで、ヤバそ~なのが何箇所か・・ ありましたケド。。。)


なのに・・


    4.15 三平山山頂より


山頂は、絶景www


今日は、日本海や宍道湖、隠岐島まで見渡せる絶好の『大山日和』♪


早起きして来た甲斐あって、山頂では360度のパノラマを独り占めww


何時に無く、山頂滞在時間が長く・・  下山するのが惜しいくらいでした。


正直・・ 此処は、あまり他人に教えたくなくなっちゃいましたネ。  ホント!



で、後ろ髪を引かれながらも・・  穴ヶ乢へ向け下山する事にしました。



残雪は無いものの、割と足懸りの無い急斜面を鞍部まで下り、穴ヶ乢に着きましたが



暗い残雪だらけの桧林の中をトレース無しで下るのは、 ・・(-""-;)ヤバクネ?



更に、あまりにも駐車地点までの林道歩きが長い。。。  駐車地点は、朝鍋鷲ヶ山の登山口の直近だったネー


ってことで、


折角なので、朝鍋鷲ヶ山へ渡ってから下山する事にしました。


    4.15 朝鍋鷲ヶ山山頂

急斜面の登りに・・  ルートの消える雪原に・・  雪崩の爪跡の迂回に・・  かなり、イヤ~な汗を 何回もかきましたヨ。。。


    
な分、 こちらも絶景w  ついでに途中で、雉にも遇えたしネ・・・。 


    4.15 朝鍋鷲ヶ山山頂より 三平山 大山


ルートの見付からない ホワイト・パラダイス を尾根を伝って下ります。



    4.15 下ってきました。。。



結局・・


    4.15 撮り方の問題ではなく、倒れてマス。


最後まで『求めて来た』ハズの、ホワイト・パラダイスに苦しめられながらも


無事に駐車地点まで、下山する事が出来ましたww  ε-(;ーωーA フゥ…


今日いったい何キロ歩いたんヤロ・・・?



ま、 ナンやカンやで、予定通り(?) 昼までに下山出来たので


先週、眼をつけてた 十割そば のお店

    4.15 手打そば 叉来

『手打そば 叉来』さんで、ざるそば大盛り(玄粒)を堪能し帰途につきました。



    4.15 朝

 左手前が、三平山。


こんな天気の良い日が、また有ると良いナwww  ъ( ゜ー^)♪





  さすがに今日は貸切ダロー なんて思ってましたが、下山してみると・・ 同じ様な不届き者(?)が居てハリましたw 
    

△page top

毛無山~白馬山 雪山ハイク・・・。 

Posted on 23:06:02

昨夜の天気予報を観て即決っ!


『残雪の大山』を観に行くゾーーーっ! ( ̄o ̄)o


ってことで、  昨年末の新雪期に断念した経緯の有る 


岡山~鳥取県境に在る毛無山(ケナシガセン)に行って来ましたw



今回が、初めての毛無山だったンですが、


道中・・ 『まさか、あの真っ白のヤツぢゃ~あるまいノー?』


との祈り(?)も虚しく・・

    4.8 毛無山

あ、ヤッパリぃ~   (^▽^;)こりゃ、アイゼン必携だワw



前回の十方山で再発した右膝の経過観察の山行のハズが・・

    4.8 針葉樹林帯


いきなり『残雪』どころではナイ、積雪量・・・。


しかし、締まった根雪の上に新雪が被った


絶好のコンディション!  しかも、空は快晴~♪  の中、


    4.8 原生ブナ林w


立派な原生ブナ林を歩いてると思うと、 テンション上がりまくり!


危うく、右足の事を忘れてしまいそうでしたが、


慎重に、急斜面を靴を蹴り込んで、気持ち良く登って行くと



心地好い高度感と共に、毛無山山頂(1218.4m)に着きました。


    4.8 毛無山山頂より大山南壁

チョット霞んでますが、大山や烏ヶ山、皆ヶ山、蒜山が一望出来ましたー♪


昨年の夏から、大山の眺望に恵まれなかった私には、 鳥肌モンでしたヨww



っで、


このまま、下山しようか・・  決めかねていたトコロ、


途中で追い越したベテランさん(鳥取から来られたそうデス。)からのお誘いに乗って


尾根伝いに、隣りの白馬山を経由して下山する事に、


しかし、 昨日の降雪でトレースは消え・・  稜線は雪庇だらけ・・


    4.8 毛無山~白馬山 雪庇!!

これでも、小さくなってるー そうデス。。。



    4.8 左側は絶壁!デス・・ ハイ。


この方の先行がなかったら、 絶対引き返してるヨww  (オソルベシ、70オーバー!)




    4.8 白馬山山頂より

白馬山山頂で、丁度お昼になったので大山を眺めながらの


ご飯と山コーヒーを二人で楽しんだ後、名残惜しい気持ちを抑えつつ


時折、膝や腰まで踏み抜いたり・・  落ち葉と泥濘で見事にスッ転んだり・・


しながら・・ 和気藹々と下山し、朝会った駐車場で別れて、それぞれ帰途につきました。


私は、


折角なので、蒜山高原まで写真を撮りに行き


恒例なった

    4.8 蒜山そばの館

『そばの館』で、さるそば大盛り を堪能してから


米子道に乗って、帰って来ました。



    4.8 蒜山高原SAより


4月に  こんな晴天の中   あんな最高のコンディションを雪を踏める事って


そう滅多にあるモンじゃナイ!  ナント! アイゼンの出番すら無かったw


最高の『雪山ハイク』な一日でした~♪  大山観れたしネww ъ( ゜ー^)♪



  360度の照り返しで・・  顔が真っ赤に日焼けしました。。。  眼が焼けてないとイイけど・・・。

△page top

十方山・・・。 

Posted on 23:02:57

残り少ない、残雪を求めて・・


広島県内 第三峰の十方山に行って来ました。



    3.20 ガス漢の本領発揮中。



雪崩の爪跡(現時進行中の箇所も有りました。)を


回避したり・・  慎重に、乗り越えたり・・


新調した Kajitax LXT-8 に慣れる為に、残雪が現れる度に


アイゼンを付け外しし・・   今夜は、夢に出てきそうなくらい、脱ぎ履きしたサー


凡ミスで、ルートを大外ししてしまったり・・


頂上から2~300mの地点から、ガスが濃くなり


視界の少ない中、コンパスと自分の嗅覚だけを頼りに


頂上目指して、斜面を歩いたり・・


実は、十方山は今日が初めてだったり・・


小雪舞う中、



今日の山頂は、色んなモノを与えてくれたと思います。

    3.20 十方山(1318.9m)山頂


もう、山頂コーヒーなんぞ やってる場合ぢゃネー


ってことで、三角点と道標にタッチして・・  ブラックサンダーを口に放り込んで 


回れ右! トレースが消えたらマズイっ!  


ってんで、すぐに下山。

    3.20 1m以上w


五合目付近に戻ってくるまで、



先客のトレースが無くなって、 ヤバいヤバい。。。


ガスが見る見る濃くなって、 小雪と風で自分のトレースが消えそうになるのを見て


山頂が全く見付からずに、 ヤバいヤバい。。。


下りてきて、ガスは切れたものの・・  陽が差し始めて、 ヤバいヤバい。。。




登りから下りまで、発した言葉は『ヤバいヤバい・・・。』ばかり。。。



そんな状況下で、


『あと10分以内で山頂を見付けられなかったら、問答無用で撤収!』と


リミットを設けた瞬間から、 アタマで考えるのではなく、


身体がひとつになって、アイゼンを履いた足を見えない山頂へ運んで行きました。


そして、頂上からの下山中に気付いたのですが


あの差し迫った中、下山の為に周りの景色を驚くほど記憶していた事。

今になって思うと、モータースポーツの『慣熟歩行』の経験が役に立ったと思われるw


今日ほど、この不完全な両足を・・


とっくに峠を越した、71年式の五体を・・


頼もしく思った日は、ここ数年ありませんでした。  じっくり休めて、誉めてやりたいと思いマスww



        3.20 瀑コーヒー@瀬戸の滝

二週連続、 山頂コーヒー は為りませんでしたが、


『瀬戸の滝』で、瀑コーヒー♪ としました。



    3.20 ドライブイン吉和より 十方山

あそこを、アイゼン利かせて駆け上がったのか~  


なんて、 感慨も一入。。。



雪が解けたら、 また、 来たいと思いマス!





  先週の三倉で逢った方の情報に感謝感謝♪  もチョット早く、来てたら・・ なんて思うのは、贅沢ですネー♪ 

△page top

三倉岳・・・。 

Posted on 19:08:52

というワケで、


『山コーヒー』は、オアズケになってしまいましたが・・

    3.11 中岳ピーク

この前は、凍ってて上がれなかった中岳にも行けましたヨー♪


年の為に、チェーンスパイクをぶら下げて入山したンですが


もう、雪の名残もなく 本日は出番ナシ・・・。

    3.11 鎖場

ココの積雪が凍ってた時の、あのオドロオドロしさ は、ドコへやら・・

 (この上の方では、水が出てて ちと厄介でしたが、ビブラムソールのおかげで楽々でしたw)




    3.11 夕陽岳より

今日は、風が強くて チョット恐ろしかったデスが、へさきへも出れました。

 ちっちゃく見えるのが、三倉岳休憩所。

三倉岳の三角点から瓦小屋山への縦走路を確認したら、


あとは、コーヒーに向って 休憩所目指して、下るのみっ!

今回も、Aコースを下りてました。


結局、今回も登山口で出会った岩国の常連さんと朝日岳まで一緒に登り・・


その後は、松江から来られてたグループとほぼ同行。


どうも此処は、独り歩きにならない場所のようですが・・


知らない方とおしゃべりしながら歩くのも、楽しかった。  たまにはイイですネww


ついでに、知らなかった展望箇所や隣りの瓦小屋山への縦走ルート

更に、県北の『雪の有る』山の情報等々・・  朝日岳の登りは楽しく有意義だったし

休憩所で、念願の深入りコーヒーを頂きながら、管理人さんからも

楽しい情報を色々頂きました♪  

4/15には『山開き』のフェスティバルが行われるそうデス。  かなり、楽し・美味しそうですゾw


まだまだ、知らない楽しみ方がある三倉岳・・  また来たいと思いマス。



    3.11 ヤッホーさん

 帰りに、吉島に在るYAHHO広島さんに寄らして頂きました。





  岩国の常連さん『イヤ~ ペース速いですネー』と連呼しつつも、ピタリと背後をマークされてた恐るべきおや歳でしたww

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。